転職の面接でのタブーキーワード

転職をする時は、何らかの理由で仕事を変えることになりますが、面接試験の時にやってはならないことがあります。

まず、前職を辞める時の理由が、決して後ろ向きな内容等で辞めることにならないことです。

辞める理由がそうであっても、真実を語らないことです。

あなた自身のマイナスイメージを与えてしまうからです。

人間関係が良くなかったこと。給料が安いこと。そして、会社の悪い点ばかり指摘すること。

このようなことは、聞いている面接官でもいい思いはしません。それどころか、あなた自身をマイナス思考の人だと思うことでしょう。

中途採用の求人を募集している企業は、新入社員を募集しているのではなく、即戦力としての人材を求めています。

そのために、前職の仕事では、どのような実績を残しているのか、どんなノウハウを持っているのかを見ています。そのためには、あなたの人間性も観察しているはずです。

「我が社の社風に溶け込むことができるか?」「職場のメンバーと上手に人間関係を築いていくことができる人か?」

そのようなことを見ている面接官なのです。面接感との会話も同じです。

相手の質問には、肯定的な印象を与える答え方も大事です。面接官によっては、ワザとあなたを困らせるような変則的な質問を投げかけてくる人も少なくありません。

そのような質問は、どれだけ冷静な態度で対応できるかも分析されるために、客観的な判断で応対することが必要です。

新入社員の面接ではなく、ある程度の社会経験を積み重ねてきた人なりを面接官は見ています。

そのために、あなた自身がその会社でどのような形で貢献できるのか、具体的な活躍を印象付けることが、採用可否の重要なポイントになってくるのだと思うのです。

中途採用で転職を考える時には、面接を受ける会社の下調べをすることは当然ですが、前職で培った経験やノウハウを新しい会社でどのように活かせるかも、頭の中でイメージしておくだけでも、面接時の対応は大きく変わっていきます。

転職する前の準備としては、今までの仕事の結果や経験を整理して、棚卸ししておくことが望まれます。そうすることができていると、どんな環境の会社の面接でも、柔軟な応対が可能になっていきます。

社会経験があるだけに、それが新人と異なる自分自身の大きな財産なのです。その経験を最大限に活かせるようなアピールができてこそ、初めて転職も可能になってくるのです。

退職する時に必ず今までの振り返りを行うことです。