志望動機を確立する重要性

就職や転職で自分がどの仕事を選ぼうか志望動機で悩んでいる人はたくさんいると思います。

確かに就職で志望動機が無く、どこでもいいから就職して働きたいと思っている人もたくさんおられると思いますが、この志望動機はとても大切で真面目に考える必要があります。

志望動機が無く、とにかくどこでも面接を受けて就職しようとすると、まず面接官に見破られることがあります。

大きい企業ほど、その志望動機を見破られやすくて、就職できないことが多いと思います。また志望動機があやふやでもどこかに就職できても、仕事が長続きしなかったり、仕事が楽しくないと感じる原因になることもあります。

仕事を始めて自分に合ってないと分かったり、ストレスを感じたりするからです。それでも頑張って仕事を続ける人もいますが、続けていくのも難しいと感じるかもしれません。

なので志望動機を最初にきっちりと立てることは重要です。志望動機は最初の面接だけでなく、仕事を始めた後も影響してくるものだからです。

例えば自分はスポーツが好きなので、スポーツに関連した会社に就職したいという志望動機で会社を探し、面接に受かり仕事を始めるなら自分が好きなもので仕事をしているので、仕事も楽しく感じて長く続けることもできると思います。

またその企業の面接を受けたけれども全て受からず、次の就職先を見つけなければならない時も、自分がどの分野の仕事に興味があるのか探して、就職をするのが良いと思います。

また転職の際にも同じことが言えます。ただ収入が良い、残業が少ないでも仕事が楽しくなく、続かないならば転職も失敗と感じるかもしれません。

転職も自分の志望動機が何かをしっかりと見極める必要があります。志望動機がはっきりしているなら多少転職の際に苦労しても乗り越える力となるからです。

このようなわけで就職も転職も自分の志望動機が後の仕事に影響してくると分かったと思います。

ただ安易に就職するのでは自分のためにもならないのでまずは志望動機をしっかりと確立すると良いと思います。

自分には志望動機などはっきり言って無い、ただ就職のために作っているだけだと思っている人は、しっかりと自分を見つめていないだけかもしれません。

自分の志望動機をしっかり考えるなら、どこに就職したいのかも分かってくると思いますし、志望動機がしっかりして就職するなら仕事も楽しくできると思うので、ぜひ就職も転職も志望動機を確立して探して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です