自己PRは落ち着いて堂々とする事

自己PRで大切な事は、面接官の目を見てゆっくりと話すことが良い場合が多いと思います。

人は緊張すると早口になる傾向になるためいつもよりゆっくり話すように心がけたほうが良いと思います。しかし、そのように心がけようとしても実際その場所に行くと緊張してしまうと思います。

なので必ず前日もしくは面接をする時間前に必ず話したいことを鏡に向かって話す練習をすると良いと思います。

後は面接官の目を見るのではなく少し目の上のおでこを見て話すと相手から見ると自分をよく見てもらって話していると思われます。

ゆっくり丁寧に話す事によって、面接官も安心して面接を行う事ができる相手だなと思います。笑顔でいる事も大切です。自己PRの場合、どれだけ自分の長所を話したと

しても、ぶっきらぼうの顔や自信が無い顔で話しをしても、説得力に欠けてしまいあまり印象が良くないと思います。

笑顔満点ではなく、口元を少しあげて話してみるだけでも良いです。

逆に短所を口元を少しあげて話すと、短所なのに相手からみるとまぁそんな短所もあるよね。と長所の話しをした部分が印象強く残り良い印象が残ると思います。

面接官との距離が短くなっていったり、面接に慣れてきたら逆に注意をして欲しいのが、馴れ馴れしい口調になったりならない事です。

相手の面接官はプロです。最近の企業は、面接官をするにあたっての人選研修などをする企業や専門家に依頼をしてよりその企業に有利な人選を得ようとしています。

なので、昔と違い面接を行っている人の本来の人格もみたいなが為に面接官自信が馴れ馴れしくリラックスを与えてくる人も最近は多いです。

それを常に頭において、ゆっくり丁寧に最後まで面接官に接する事が秘訣です。

そして、なんでもやります。できます。これはあまり使わない方が良いと思います。企業側からしてみれば、良い人材だと思われますが、嘘っぽく聞こえてくる可能性があります。

しかし 、あれはできるけどこれは出来ません。と話すと印象が悪くなるとおもいます。

なので秘訣として、少しこれに関して自信が無いがこの内容については前社でもおこなっていたので自信はあります。

など、先に出来無い事を話し後に出来る事を話すと、印象良くなるし、今まで経験した事のある部署に配属される可能性もあります。

ポイントとしては、焦らず丁寧にゆっくりと話す事。笑顔で話す事です。

面接官が2人いる場合は、必ず2人の顔を均等よく見る事で2人共良い印象を与える事が出来るとおもいます。

転職の自己PRの例文を集めました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です