志望動機を事前にまとめる際のポイント

就職や転職での面接時に必ず質問される項目として、その会社を志望した動機があります。この質問は、必ず聞かれる項目だと誰しも知っている項目なので、事前にしっかりまとめて想いを伝えられるように準備しておくべきです。

この志望動機を事前にまとめる際のポイントは、以下に記載する様に3段階に分けて整理・考察し、まとめるのが良いでしょう。その3段階思考のポイントを挙げたいと思います。

まず、第1になぜその会社が属する業界を希望したかと言う点です。例えば営業職希望のケースなら、様々な業界に営業の求人がある中、なぜその業界を選択したのかを整理する事です。

このケースで言えば、物販営業かサービスに対する営業かと言った区分や、BtoCの営業かBtoBの営業かと言った点と、自分の特長を組み合わせて説明する様にまとめると良いでしょう。

この業界の選定は、その会社が属する業界の他に、同様の営業職が求められる業界を5つほど準備しておくと良いでしょう。

これは、エントリーしているのは当社だけか、当社以外にどの様な企業を受けるのかと言った事が派生質問として来るためです。

何も改まって良く受け止めてもらおうとする必要はなく、自分が何となくでも受けようと考えた理由を胸に手を当てて考え、整理するスタンスでまとめれば十分でしょう。

第2に、その業界の中で、なぜその会社を志望したのかという動機をまとめる事です。

巨大企業の場合には、一人前になれば大きな仕事に取り組めるチャンスがあると言ったポイントを、中堅企業の場合なら歯車として仕事をするのではなく、自分の働きが経営に直結するやりがいがあるポイント等を、前向きに訴えるようにすると良いでしょう。

その上で、いくつかの大企業や中堅企業の中で、なぜその会社を志望するのかを、企業の理念、企業の成長性等をポイントとしてまとめると良いでしょう。

先に記載した当社以外にどんな企業を受けるのかと言った派生質問には、各業界で1社づつ具体的な企業名を考えて置き、各業界まず1社づつ受ける予定であるとするのがベターでしょう。

第3に、就職と言うのは、日本では就社と言われるほど企業名が先行しますが、本来はそれ以上に自分の希望する職種を明確にし、なぜその職種を希望するのかもしっかりと準備し、まとめて置く事も必要です。

企業内でキャリアアップの為に職種転換が図られる事もありますが、そうした派生質問を受けた場合でも、仕事の幅を広げる為にもちろん挑戦させて頂きますが、自分のスキルの基軸は営業スキルとしたいと思っていると答えればOKです。

以上の様に、業界、個別企業、職種を選択した志望動機をしっかりと整理し、まとめて面接に臨む事が必要と言えます。

志望動機の例文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です