志望動機の際に気をつけるポイント

就職活動や転職活動の際にはいくつも選考ステップがあります。その多くは書類選考や筆記試験、そして面接だと思います。筆記試験で対策を通過し、いざ面接をする時には注意すべき点がいくつもあります。

まず、一言で面接と言ってもグループ面接と個人面接に分かれるところもあれば、1回のみのところもあり、様々でしょう。グループ面接も5人のグループ面接、3人のグループ面接と段階を踏んで最終選考までいく会社もいくつもあります。

その際に重要なこととしては「自分を出す」と言うことです。例えば5人のグループ面接の場合、面接時間は決して多くはない時間で限られています。

その中で面接官は自分のどんなところを見てくるのでしょうか。確かに発言した内容にも注目はするでしょうが、それ以上に「しっかりと自分を出せているか」を見てきます。

髪型、服装などは清潔感があるかと言った第一印象や、受け答えがしっかり出来ているかと言った基本的ポイント、目を見てしっかり話しているかといったところは大前提として準備しておかなければなりません。

アピールポイントや発言がどんなに優れていても、ここが出来てない場合はまずはうまくいかないでしょう。

 そして、次に重要なのは「自分がこれまで何を経験して、そこで何をして、これから何ができるか」ということが明確化どうかです。

中には「私は学生時代に留学をしました」や「海外ボランティアをがんばりました」という人がよくいますが、留学や海外ボランティアの経験者は何百人といます。

そこで「留学や海外ボランティアで自分は何をしてきたのか」「それは今後どう活かせるのか」「その経験から今後何が出来るか」ということまでしっかりと説明できることです。そうでない限りは「何百人いる内の1人」として見られます。

 そして、最も大事なのが、「なぜその会社ではないとダメなのか」ということです。

例えば旅行会社なら、旅行会社は全国に何十社、何百社とありますが「なぜ他の旅行会社ではなくそこの会社でなければならないのか」ということが明確になっているかどうかです。

「旅行会社ならどこでもいい」という考えであれば会社側も「では他に行ってください」という答えになります。その会社でなければならない理由とそこで自分が出来ることは明確にしておく必要があります。

企業に就職するには面接は切っても切り離せない事項です。その選考の際に失敗したり、後悔」しないためにも出来る準備は事前にしっかりとしてから臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です